パートとアルバイトの違い!あなたは知ってますか?

[生活の雑学]

求人広告を見ていると、「パート」と「アルバイト」と2つの募集をみかけますよね。

普段は特に何も気にしたことなかったのですが、ふと「パート」と「アルバイト」って何が違うんだろう?って疑問に思いました。
この違い、気になりませんか?

 
よく、パートのおばちゃんとかバイトのコという表現をしますが、なにか明確な基準とかあるのでしょうかね縲怐H

 
158236
 
そこで今回は、パートとアルバイトは何が違うのか?について調べてみました。この記事が参考になってくれたら嬉しいです♪
 
 

Sponsored Link

 
 

パートとアルバイトって何が違うの?

私も含めパートといえば主婦、アルバイトといえば学生というようなイメージを持っている方も多いと思います。

これは、会社側の意識によっての違いであり、法律的には違いはないのです。

でも会社によっては、次のような使い分けをしているところもあります。
 

パートアルバイト
勤務時間1日5時間以上1日5時間未満
勤務日平日土日
勤務期間半年以上三ヵ月未満

 
こうしてみてみると、会社が短期間働いてくれる人を募集するか、長期間働いてくれる人を募集するかによって使い分けているといった感じがしますね。
 

パートとアルバイトの定義ってなに?

まずは法律的な視点から見てみましょう!

労働関係の法律で「パートタイム労働法」という法律があります。

その中で、パートタイマーや、アルバイトという名称が出てきます。

しかし、他にも「嘱託」「契約社員」「臨時社員」「準社員」などの呼び方があり、ある条件でまとめられています。

その条件とは・・・

 
1週間に決められた勤務時間が同じ会社で働いている他の労働者の1週間の決められた勤務時間に比べて短い労働者というもの。

どういうことかというと、つまり、法律的には、パートもアルバイトも、とくに区別されていないというわけです。

 
ここまでパートとアルバイトの違いについて見てきましたが、社会保険についてはどうなんだろう?と疑問がわいてきたので、次の章で詳しく見ていきましょう!
 

パートやアルバイトは社会保険に加入できる?

 
160003
 
パートで働いている方の中には社会保険に加入する方もいます。

社会保険への加入には条件というものがあって、労働時間・労働日数が正社員の3/4以上の場合は保険に加入しなければならないと法律で決められています。

目安としては、1週間に4日、1日6時間以上働いているパートの方などが該当します。
ただし、その条件に満たない方でも保険に加入したい方は会社に申し出ることで入ることも可能です。

でも、注意点があります!

 
あまりにも短時間の勤務だと保険料を差し引くと、ほとんど手取りがなくなってしまうという状況が起こる可能性がありますので、そうならないように一度給与を計算している担当の方に相談してみてから判断することをオススメします♪

 
一方アルバイトの方は社会保険には加入しないという方が多いようです。
アルバイトは、働く期間が短かいという方が多く保険の手続きをするのが面倒くさいという場合や、給与が少ないので保険料が払えないという場合もあります。

もし社会保険に加入していなくて、これからも働く場合には年収が130万円を超えないように注意が必要です。

 
どういうことかといいますと、もしあなたが配偶者の扶養などになっていて年収が130万円を超えてしまうと、強制的に扶養から外されてしまい、社会保険の保険料を支払わないといけなくなってしまいます。

そうなると、手取りが少なくなってしまう可能性があるので、ご自分の年収がいくら位になるのかチェックしておく必要があります!
 
 

Sponsored Link

 
 

有休はもらえる?

では、パートやアルバイトでも有給休暇はもらえるのでしょうか?

パートもアルバイトも短期労働者なので、有給休暇をもらうことは可能です。

例えば週に1日しかアルバイトしてなくても、勤務期間が6ヵ月を超えていれば、有給ってもらえるんですよ!

もらえる有給はこんな感じです。
 
パート・アルバイトの有給取得可能日数

労働日/1週間6ヶ月1年半2年半3年半
4日7日8日9日10日
3日5日6日6日8日
2日3日4日4日5日
1日1日2日2日2日

 
アルバイトでも有給休暇をもらえるんですね♪以前私は、パートで働いていたことがあるので、パートで有給休暇がもらえるのは知っていましたが、アルバイトももらえるとは初めて知りました!

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

パートとアルバイトの違いを簡単にまとめますと、
 

  • 法律的には、パートとアルバイトの違いはない
  • 会社側が、勤務期間や勤務時間によって長期はパート・短期はアルバイトと使い分けている
  • パート、アルバイトともに条件を満たせば社会保険に加入できる
  •  
    ということです。

    パートもアルバイトも、大きな違いはないのですね。正社員との区別をハッキリさせているという感じでしょうか。

    学生で働いている方をパートと呼ぶのも変な感じがするので、臨機応変に使い分けていきたいですね♪

    【生活の雑学に関する記事】

    財布を落とした!対処法をわかりやすくご紹介!

    電気ポットと電気ケトルの違い!どっちがお得?

    ふるさと納税2015!限度額の目安はコレだっ!

     
     

    Sponsored Link

     
     

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ