財布を落とした!対処法をわかりやすくご紹介!

[生活の雑学]

財布がない縲懊€怐AどうしようΣ(゚д゚lll)

なんて時、パニックになりますよね。

先日、私の友達が財布をなくしてしまったらしく、かなり落ち込んだ声で電話してきたんです。この友達は、せっかちなのでよくいろんなものをなくしては、私にパニックになりながら電話してきます。
 
だいたいはよく探したらでてくることが多いのですが、今回は探しても見つからなかったみたいで、かなり慌てていました。

 
158539
 
 
そこで私は、悩んでいる友達の助けになればといろいろと調べてみました!
今回は財布をなくした時にどう対処すればいいのかについて、わかりやすく記事を書いています。

今パニックになっているとは思いますが、どうか落ち着いて記事を読んで参考にしてもらえたら嬉しいです♪
 
 

Sponsored Link

 
 

財布を落とした時にまずするべきこととは?

まずは、息を吸って吐いて・・・深呼吸をしましょう!

そして、次の4つをチェックしてみましょう!
079927
 

  • カバンの中身を出してみる
  • 今日の行動を思い出す
  • カード類の手続き
  • 警察に届ける
  •  

    カバンの中身を出してみる

    カバンの中は見てみましたか?

    焦っている時って意外と見落としていることもあるので、カバンの中身を全部出してみましょう!
    ポケットの中のチェックも忘れずに縲怐B

     

    今日の行動を思い出す

    今日、最後に財布を出したところはどこか覚えていますか?

    最後に財布を見てから、今までどこに寄ったのか時間を戻すように思い出してみましょう!

    「あっ!あの時!」というポイントがあるか、再チェックです!

    落としたような覚えがある場所を思い出したら、そこに今すぐ直行です!!

    落とした場所が思い出せない場合は、戻れる場合は財布を最後に使ったところまで、同じ道から戻ってみるのも一つの方法ですよ。

     

    カード類の手続き

    財布の中には、キャッシュカードやクレジットカード、免許証、その他いろいろなカードが入っていると思います。

    それらのカードが不正に使われる可能性もあるので、早めに利用を停止したり再発行の手続きをする必要があります。

    とはいっても、財布の中にどんなカードが入っていたか思い出せない場合がありますよね。

    特にすぐに止めるべきカードは、次の2つです!

  • キャッシュカード
  • クレジットカード
  • この2つだけは、財布を落としたとわかった時点ですぐにストップさせましょう!

     

    キャッシュカードは暗証番号がわからないと、ATMで引き出すことができないので簡単には悪用されにくいですが、クレジットカードは、サイン一つで買い物ができてしまいます。
    詳しい手続きのしかたについては、このあとの章でお話ししますね。
     

    警察に届ける

    警察署もしくは最寄りの交番に財布が届けられていないかを聞いて、届けられていなかったら遺失物の届を出しましょう。

    まずは警察官に「財布を落としてしまった」旨を伝えましょう。あとは警察官に聞かれたことに答えていくだけで大丈夫です。

    保険証などの再発行をする時には、警察の紛失証明書が必要な場合があるので、早めに警察に届けた方がいいですよ。

     
    ここまでは財布を落としたときにまずやるべきことについて見てきました。では、カード類の手続きについて見ていきましょう!
     
     

    Sponsored Link

     
     

    キャッシュカードやクレジットカードを止める方法は?

     
    046259
     
    カード会社のカスタマーセンターに電話して、カードを利用できなくしてもらう。

    これだけです。

    カスタマーセンターの電話番号は、「クレジットカード会社名 カード 盗難」もしくは、「銀行名 キャッシュカード 盗難」などと携帯やスマホで検索すると、お問い合わせ用の電話番号というのが出てきますので、すぐに電話しましょう。

    盗難・紛失に関しては、どこのサービスも24時間対応をしています。
    電話一本かけるだけでサービスを停止してくれますので、「焦らず慌てずまず電話」。これを忘れないでくださいね♪

    キャッシュカード、クレジットカード以外にも財布に入れている方もいらっしゃると思います。その他のカードについても見ていきましょう!

     

    レンタルカード(TSUTAYA等)

    連絡をするのを忘れてしまいがちなのが、レンタルカード!知らない間に勝手に借りられて、延滞遅延料を払わないといけなくなった!(>人<;)
    ってことになったら困ってしまいます。店舗に行って手続きをしましょう。
     

    免許証

    写真が載っているので、悪用されることは少ないですが、免許証がないと車を運転できないし、不便ですよね。

    免許証の再発行は、警察署で手続きができますが、数日かかる場合もあります。

    しかし都道府県によっては警察署では免許証の再発行ができず、運転免許センター(運転免許試験場)でしか手続きが出来ない場合がありますので、手続きをする前に運転免許センターへ確認してから手続きをする必要があります。

     

    即日発行をしたい場合は、運転免許試験場や運転免許更新センターがオススメです。
    再発行の受付日時は警察署、運転免許センターによっても違いますが、「平日(月~金)の8:30~17:00(12:00~13:00は除く)」となっている場合が多いようです。詳しくは手続きをする予定の運転免許センター等へ直接聞いてみてから手続きに行くほうがスムーズにいきますね♪

     

    必要な書類は?

    必要な書類は手続きをする場所で違うこともあるので、確認するのがオススメです。

    運転免許証亡失・滅失てん末書
    警察署でもらえるけど、必要ない場合もあります

    身分証明
    保険証、社員証、学生証、住民票、在留カード、
    特別永住者証明書、国発行の資格免許証など

    申請用写真
    6ヶ月以内のもの

    印鑑
    再交付手数料 3,600円

     

    保険証

    保険証は、身分証明にもなりますが、写真が必要ないのでサラ金を借りられてしまったり、悪用されてしまうということが多いんです。

    もし悪用されたとしても、警察に届出をしてあれば大丈夫です。「本人の意思ではない」ので、支払い義務は生じません。

    再発行の手続きには、警察への遺失物届が必要ですので、まずは警察に行ってから再発行の手続きをしましょう。
     

    社会保険なら、社会保険事務所
    会社で管理しているので、会社の人に
    紛失した旨を一言伝えてから申請手続きをしたほうがいいかも。

    国民健康保険なら、市町村役場

     
    再発行に必要な身分証明の書類は、社員証、学生証、住民票、在留カード、
    特別永住者証明書、国発行の資格免許証などです。

     

    最後に

    いかがでしたでしょうか?
     
    先日財布を落として落ち込んでいた友達も、次の日に免許証の再発行の手続きをしに免許センターへ行って再発行してもらったそうです。

     

    財布はでてきてくれれば安心しますが、出てこなくて当たり前と思っていたほうが一番気持ちが落ち込まない対処法だと思います。

     

    財布が見つかる見つからないよりも大切なのは、被害を大きくしないようにしっかりと対処しておく事です。

     

    止めるものは確実に止めて、被害を最小限に食い止めてくださいね♪

     
     

    Sponsored Link

     
     

    One Response to “財布を落とした!対処法をわかりやすくご紹介!”

    1. […] 財布を落とした!対処法をわかりやすくご紹介! […]

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ