便秘になる原因!ストレスでなるって本当!?

[健康・美容]

便秘になると、下っ腹がぽっこりとでてきたり、お腹が張ってしまって苦しかったりして辛いですよね縲怐B

女性では2人に1人、国内では総数1200万人以上が悩まされていると言われています。
 
110610
 
理想は毎日スッキリ出したい!
即効性のある便秘薬を飲むと、たしかに一時的には楽になります。でもしばらくするとまた便秘になってしまうという繰り返しになってしまって、なかなか改善されないですよね。

 
では、便秘になる原因にはどんなものがあるのでしょうか?今回は、ストレスが便秘に関係するのかについて記事を書いています!
この記事が参考になったら嬉しいですっ♪
 
 

Sponsored Link

 
 

便秘になるのはストレスが原因って本当!?

 
117830
 
便秘は、ストレスとは関係のない病気のように思いますよね。ですが、胃腸は色々な神経が集中する非常にデリケートな臓器で、ストレスなどの負荷にも変調をきたしてしまう恐れがあるのです。

腸のぜん動運動は、自律神経の交感神経と副交感神経が関係しています。自律神経には身体を正常に機能させるための重要な働きがありますが、ストレスが原因となって自律神経が乱されてしまうことがあるのです。

自律神経が乱されると腸の動きが悪くなり、ぜん動運動がスムーズに行われないと便や食べ物を下に送り出す働きができなくなってしまうので便秘になってしまうのです。

 

逆にぜん動運動が活発になり過ぎると、腸で吸収されるはずの水分も吸収されないまま一気に直腸まで押し出してしまい、下痢になってしまいます。

下痢と便秘は一見正反対のものの様に思えますが、どちらも腸で消化物の水分調整が上手く行かない時に起こり、実はぜん動運動の異常が原因の同じ種類の病気なのです。

中には便秘と下痢を交互に繰り返すタイプの便秘もあり、その便秘の原因こそがストレスである可能性があるというわけです。

ストレス性の便秘は、便秘薬などで腸を刺激するのはかえって逆効果になるので、何とかしたいと思って薬に頼るのは危険です。

 

便秘って食生活で繊維の多いものを摂っていなかったり、生活習慣の乱れが原因なのかと思っていましたが、ストレスが腸のぜん動運動に影響を及ぼすこともあるんですね。

便秘になりやすいストレス以外の原因

便秘になりやすい原因はストレスだけではありません。

もともと日本人は農耕民族で穀類や野菜などの消化に時間がかかる食べ物を食べてきたので、平均的な腸の長さがは7m程あるそうです。一方欧米の人は肉食がメインなので、あまり消化器官が長くなくてもいいので、2mくらい短いんだとか。

便秘になりやすい原因は、

  • 食生活の変化
  • 運動不足
  • があげられます。自分が食べた食べ物が、7m程の腸の中を移動するわけですから、途中で何かしらのトラブルがあったら先に進めなくなってしまって、大渋滞を起こしてしまいますよね。

     

    食生活の変化

    私たち日本人はもともと農耕民族だったので、最近の食生活の欧米化によって、胃腸がついていけない状態になってしまっています。野菜や穀類が中心の食生活が本来日本人の体に合った食べ物なのですが、肉や炭水化物など、消化が苦手な食材を多く摂ることで胃腸がまいってしまいます。

     

    運動不足

    最近は、世の中がどんどん便利になってきましたが、そんな便利な世の中にも便秘の原因が潜んでいました。ずばり「運動不足」です!一日に30分は有酸素運動をしましょうとよくいわれていますが、毎日忙しくて運動の時間なんて取れない!って方も多いですよね。

     

    ここまでは、どうして便秘になるのか?について見てきました!では、便秘にはどんな種類があるのでしょうか?
     

     

    Sponsored Link

     
     

    便秘の種類

     
    106814
     
    便秘には1ヶ月以上続く慢性便秘と急性便秘の2種類があり、症状は大きく分けて次の5種類あります。
     

    弛緩性(しかんせい)便秘・・・食物繊維の不足や運動不足によって大腸の動きが悪くなり、大腸に溜まった便は水分が無くなって硬くなり、大腸内に停滞してしまう。

    けいれん性便秘・・・緊張したりストレスがたまることによって大腸が収縮してしまい、硬いウサギのフンのような便になってしまう。下痢や腹痛を伴うこともある。

    直腸性便秘・・・腸の出口である直腸に来ても便意がなく、停滞してしまう。便意を我慢したり、高齢者もなりやすい。

    器質性便秘・・・ガンやポリープなど、腸にできものがあると停滞してしまう。血が混ざっていたり、いびつな形になって出てくる時は要注意です。

    一過性便秘・・・暴飲暴食をしたり、肉食に偏った食生活で食物繊維が一時的に不足するとなりやすい。また、ダイエットなどで急に食事の量が減ると、便が作られなくなるので過度の食事制限は要注意です。

     

    便秘解消に効果的な食材については、こちらの記事を参考にしてみてくださいね♪
    便秘を解消する食材!コレであなたも快腸美人!?
     

    では、便秘になりにくい理想の腸内環境とはどんな状態なのでしょうか?
     

    理想の腸内環境とは?

    環境の変化や、生活習慣が原因で腸に負担をかけ、知らない間に体内の状態が悪化してしまっていたなんてこともあります。

    もしお通じが毎日ない!という方は、何かしらの原因があるはずなので、一つづつ見なおしていきましょう!

    理想の腸内環境を作るには、

  • 野菜を沢山摂るバランスの良い食生活
  • ストレスをためない
  • 適度な運動
  •  
    これが大事です!

     

    腸内には善玉菌という免疫力をアップさせたり、ビタミンなどの美容に良い栄養素が作り出せる優秀な菌が働いてくれています。しかし便秘になると、悪玉菌という有毒な物質を作り出す菌が多くなってしまいます。

    口臭やガス、便が黒かったり臭いがきついと悪玉菌が多い証拠なのです!

    善玉菌を増やすためには、毎日スッキリと便をだすという習慣と、ヨーグルトに含まれている乳酸菌や、野菜などの食物繊維を摂る食生活が欠かせません。

    体をいたわる生活習慣で、必ず効果が出てきますよ!

    最後に

    いかがでしたでしょうか?腸は、デリケートな臓器でストレスなどの負荷がかかると自律神経が乱され便秘になるということがわかりましたね。

    他にも、食生活が欧米化して肉食が多くなり食物繊維の摂取が減ってきたり、便利な世の中になってきて運動不足になりがちなのも便秘の原因だということがわかりました。

    理想の腸内環境を作るには、

  • 野菜を沢山摂るバランスの良い食生活
  • ストレスをためない
  • 適度な運動
  • が大事です!

    美腸は1日にしてならず!ぜひ、食生活・運動・ストレス解消などできることから始めて、快腸生活を送りましょう♪
     
     

    Sponsored Link

     
     

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ