夏バテ予防の食事!3つのポイントを押さえて夏を乗り切ろう!

[, 季節]

な縲怩ノも食べたくないんだけど・・・もしかして夏バテ?

 
暑くなってくると、どうしても冷房に頼ったり、冷たい飲み物をたくさん飲んだりしますよね縲怐B
でも、そういう生活を繰り返していると身体がまいってしまって、めまいをおこしたり食欲がなくなったりすることってありませんか?

 
私は暑いのが苦手なんですが、冷房も苦手で毎年夏はできるだけ窓をあけて扇風機も併用して、ヒーヒー言いながら過ごしてます(^_^;)
決して、ケチなのではないですよ縲怐Bただ冷房が苦手なだけです、はい。

 
何でも気になったことは調べないと気が済まない私は、夏バテを予防するための食事ってどんなものがあるのか疑問に思い、いろいろと調べてみました!

 
そこで今回は、夏バテを予防するための食事について記事を書いています。この記事が参考になったら嬉しいですっ♪
 
 

Sponsored Link

 
 

夏バテを予防する食事ってどんなものがあるの?

 
082244
 
夏はじっとしていても暑さで汗をたくさんかきます。そしてその汗によって、多くのビタミンやミネラルが体から失われていきます。
とはいっても暑い夏にはどうしても食欲が落ちて、そうめんやざるソバ、冷やし中華などの炭水化物に偏りがちですよね。

 
炭水化物は、ご存知のとおり人間にとっては大事なエネルギー源です。ですが炭水化物だけを食べていても、栄養が偏ってしまって
根本的な夏バテ対策にはなりません。バランスの取れた食事が大事ですね!

 
では、夏バテを予防するためにはどんな食べ物がいいのでしょうか?
夏バテを予防するために必要な食材は、次の3つです。
 

  • ビタミンB1・B2とクエン酸
  • ビタミンC
  • 香辛料・香味料
  •  
    では、一つづつ詳しく見ていきましょう!
     

    ビタミンB1・B2とクエン酸

    ツルンと食べられるそうめんやざるソバ、冷やし中華などの炭水化物を食べることは、夏バテの予防に効果的です。でも炭水化物しか食べないということは、疲労物質の元となる乳酸がたまってしまって疲れやすくなってしまうのです。

    そこで炭水化物の消化を助け、乳酸の消費に効果的なのが、ビタミンB1・B2とクエン酸なのです!

    ビタミンB1・B2とクエン酸がたくさん含まれている食べ物は、次のようなものがあります。

     

    ビタミンB1・B2をたくさん含む食べ物
  • 豚肉(特にモモ肉、ひれ肉)
  • レバー
  • 枝豆
  • 納豆
  • 玄米
  • 豆腐
  • うなぎ
  •  

    クエン酸をたくさん含む食べ物
  • グレープフルーツ
  • レモン
  • 梅干し
  •  
    酢の物・レバニラ炒め・酢をたっぷりとかけた冷やし中華などが作れそうですね♪

    でも、すっぱいのが苦手という方もいますよね縲怐B私もすっぱいのが苦手なので酢の物などは食べられませんでした。でも、このお酢ならさわやかな酸味なのでオススメですよ!

     

    ビタミンC

    仕事や家事などストレスがたまりやすい毎日を送っている方も多いと思います。しかも外へ出たら日差しが強くてバテバテになってしまいます。とにかく、夏ってストレスがたまりやすいものです。 ストレスがたまることによって、胃腸の働きを弱めてしまったりするため夏バテを促進してしまうのです。

     
    こんなときに効果的なのがビタミンCです。
    ビタミンCはストレスに対しての抵抗力を高めてくれるので、ストレスがたまりやすい夏にはピッタリ♪

     

    ビタミンCをたくさん含む食べ物
  • 枝豆
  • トマト
  • カボチャ
  • ゴーヤ
  •  
    ゴーヤチャンプルーは、まさに理にかなったメニューなのですね。
     

    香辛料・香味料

    どうしても食欲がない時ってありますよね縲怐Bそんな時は、香辛料を使ってみるというのも一つの方法ですよ!
    香辛料をとることによって、唾液や胃液の分泌が促進されます。たしかにタイ料理やインド料理などは、香辛料が効いていてピリっと辛いですよね。
     
    ただし、あまり香辛料を摂りすぎるとかえって胃の負担になってしまい、逆効果になってしまいますので注意してくださいね。

     

    夏バテ予防に効果的な香辛料・香味料
  • しょうが
  • わさび
  • しそ
  • みょうが
  • ねぎ
  • カレー粉
  • キムチ
  •  
    冷奴をしょうがやみょうがなどと一緒に食べるとおいしいですよね。あと、豚キムチもいいですね♪

    それでも、どうしても食べられない時ってありますよね縲怐Bそんな時は、リンゴ酢やトマトジュースなどでビタミンCやクエン酸を補給しましょう!私は、リンゴ酢が大好きなので夏になるとコップ一杯のリンゴ酢を毎日飲んでいます^ ^

     
     

    Sponsored Link

     
     

    最後に

    いかがでしょうか?
    夏バテを予防するために効果的な食材は、次の3つでしたね。

  • ビタミンB1・B2とクエン酸
  • ビタミンC
  • 香辛料・香味料
  •  
    でも、一つのものばかり食べていては偏ってしまうので、バランス良く食べるのが大事です!
     
    「そんなことはわかっているけど、食欲がないから食べられないよ縲怐v

     
    ですよね縲怐Aわかりますよ、その気持ち。私も一人だったらお豆腐とかトマトとか単品で済ませたいところなんですが、母がいるのでそういうわけにもいかず、何を作ろうか悩みっぱなしです(^_^;)

    なので食べるための工夫が必要なのです!

     
    暑さで食欲がなくなりがちな季節ですが、冷房の使いすぎや冷たい飲み物の飲み過ぎは、身体に大きな負担をかけてしまうので注意が必要ですね。

    バランスのよい食事を取りながら、暑さを乗り切りましょう!
     
     

    Sponsored Link

     
     

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ